IT

データ復旧業者にハードディスク修理を依頼|企業向けの業務システム

このエントリーをはてなブックマークに追加

大容量データの送信

IT

企業内において、業務やビジネスに関わる情報データの共有というのは必要不可欠です。情報データの共有は主に電子メールで行われており、その業務のことをデータ送信業務と呼びます。データ送信業務は日々行われている基本的な日常業務ですが、数多く存在する企業の中には電子メールによるデータ送信業務に問題を抱えている企業も存在するのです。ここでは電子メールによるデータ送信業務における問題と、その問題の解決策について知っていきましょう。
電子メールによるデータ送信業務の問題というのは、送信できる情報データの容量に制限があるという点にあります。電子メールで送信できる情報データの容量というのはビジネスマナーとして3MB以内と言われており、それ以上の大容量データの送信は困難なのです。大容量データの送信を行なう場合、そのデータを分割し複数の電子メールに添付して送信したり、物理記憶媒体に保存して郵送したりと手間の掛かる手段を選ぶ必要があったのです。データ送信サービスを導入することで、その問題を解決することができるでしょう。データ送信サービスというのは、データ送信業務を目的として開発された情報共有ツールです。この情報共有ツールがあれば、1GB以上の大容量データであっても1回の作業で簡単に送信することができるようになるのです。また、同時に複数の相手に送れるというのも特徴的でしょう。その情報データを受信した側のダウンロード時間に関する不安を持つ企業も存在するかと思いますが、データ送信サービスであれば1GBの大容量データであってもスムーズにダウンロードを行なうことができるのです。