IT

データ復旧業者にハードディスク修理を依頼|企業向けの業務システム

このエントリーをはてなブックマークに追加

二種類の電子メール

メール

企業内で使用される連絡ツールというのは、電子メールが主流とされています。電子メールと一概に言ってもウェブメールやメールソフトが存在し、それぞれ異なったメリットを持っているのです。ここでは、ウェブメールとメールソフト、それぞれのメリットについて知っていきましょう。ウェブメールというのはインターネットブラウザで使用することのできる電子メールで、簡単な登録のみで利用できるようになります。インターネットに接続できる環境であればパソコンやスマートフォンといったデバイスを通して使用することが可能で、面倒な設定等も行わずに送受信メールを確認できるといったメリットがあります。
ウェブメールのデメリットとしては、メールに保存期限(約二ヶ月)があり古い物から順に自動削除されていってしまうという点にあるでしょう。ウェブメールの種類によっては、有料サービスを利用することで重要な内容のメールを保存することが可能です。メールソフトについてはソフトウェアですのでインストールや初期設定等、導入時に手間を掛ける必要があります。その代わりに、一度受信してしまったメールであれば、インターネットの繋がっていない環境であっても閲覧することが可能です。また、ウェブメールと異なり保存期限が存在しないため、重要なメールの管理も容易になります。デメリットとしては、導入設定を行なった端末でなければ利用することができないため、外出先で受信メールを確認することが困難であるといった点にあるでしょう。このように、ウェブメールとメールソフトには異なったメリットがあり、それに伴ってデメリットも違ってきます。企業のニーズに合った連絡ツールを選択しましょう。